ニキビと紛らわしいマラセチア毛包炎の原因、治療方法について

ニキビと間違われるマラセチア毛包炎とは?

マラセチア毛包炎(マラセチア もうほうえん)」とはどんな病気でしょうか? マラセチア毛包炎と聞いて、あぁ!あの病気かとすぐ理解できる人はそうそういないと思います。

にきびと似たような症状が表れるので、にきびと同じようなものかと思う方も多いですが、まったくの似て非なる病気です。 にきびの原因はアクネ金、マラセチア毛包炎はマラセチア菌が原因となります。 同じなのはどちらの人体にある常駐菌というところだけです。

珍しい病気で病気ではなく、10代からお年寄りまで性別が関係なく幅広い年齢層に現れる病気です。

原因

皮膚にある常在菌の一種であるマラセチア菌が毛穴で増えるのが原因です。 夏などの暑い時期に繁殖しやすいと言われています。 じめじめムシムシとした梅雨などはマラセチア菌にとって最高の環境となります。 湿気のある部屋などは除湿することが有効的でしょう。

詳しくはマラセチア毛包炎の原因で書いてあります。

症状

マラセチア毛包炎の症状ですが赤いブツブツが出来ます。 一つ一つがにきびより小さく均一に広がっていきます。顔、胸、背中、腕に見られます。 よく二の腕がブツブツの方がいますが、このような方の多くがマラセチア毛包炎です。

顔だとおでこなどに出やすい傾向があります。 にきびととても似ているため、素人目では判断が難しくなりやすいです。

詳しくはマラセチア毛包炎の症状で書いてあります。

治療

マラセチア毛包炎はにきびと違い自然に治ることはあまりありません。 皮膚科で処方される内服薬や抗真菌外用薬を塗るなどの治療で完治します。 皮膚科に行かなければ治らないという病菌でもなく、市販薬の塗り薬でも十分に治ることが多いです。

完治するまでの期間が長く、完全に真菌を殺菌するには1~2か月はかかることがあります。 塗り薬を中途半端に止めたりすると、もとの状態に戻ってしまいます。

詳しくはマラセチア毛包炎の治療で書いてあります。

予防

予防としては肌を清潔にするのが効果的です。 皮脂や湿気で繁殖しやすいので、オイリー肌の方は注意が必要かもしれません。 夏場など汗をかきやすい時期は朝晩のシャワーに入るなども有効です。 外で汗をかいた場合はボディシートなどで拭き取るのも効果があるので、ぜひ行うことをオススメします。

マラセチア菌を予防する商品もいろいろとあります。 これに関してはのちのち紹介していければと思っています。

詳しくはマラセチア毛包炎の予防で書いてあります。

マラセチア毛包炎のメニュー