ニキビと紛らわしいマラセチア毛包炎の原因、治療方法について

その他の皮膚病の種類はどんなのがあるの?

皮膚の病気はたくさんあります。マラセチア毛包炎のように、聞きなれない病気もあれば、アトピー性皮膚炎やにきびなどポピュラーなものも。 皮膚疾患で一番見られるのはにきびだと思います。にきびはさまざまなにきびがあります。 マラセチア毛包炎のような真菌が原因となる病気は真菌が原因の病気たちを参照してくだい。 皮膚疾患の中には治りやすいものもあれば、なかなか治りにくいものがあります。 それぞれの症状や原因を知っておくことで早めの治療が行えるようになるのではないでしょうか?

皮膚病の種類

アトピー性皮膚炎

かゆみのある湿疹を繰り返す病気で、症状には乾燥、紅斑、水泡、などがあります。 アレルギー体質の方に多くみられる病気です。 重傷になると、全身にかゆみやかきこわしが見られるようになり、辛い症状が続きます。 治療には、ステロイドの塗り薬とステロイド以外の免疫抑制薬の塗り薬が効果あると言われていますが、 完治するまでの道のりが長い病気です。

蕁麻疹

蕁麻疹は、いきなり赤い斑点が皮膚の表面上に現れる病気です。 蚊に刺された後のような腫れが全身に出ることがあります。 蕁麻疹の原因は不明なことが多いです。アレルギーやストレス。疲れなどによっても引き起こされることがあります。 数時間ほどで治ることが多いですが、次の日にも同じような症状が現れることがあります。 蕁麻疹が身体の内部に出来た場合は要注意です。呼吸に違和感を生じた場合は、すぐに病院を受診してください。

乾癬

文字だけを見ると、水虫やたむし系の伝染性感染症と勘違いされるかもしれませんが、乾癬は伝染を一切しません。 赤い発疹と白色の鱗屑と言われる角質細胞が皮膚にはがれかかった状態が特徴です。 欧米では珍しい病気ではないのですが、日本ではレアな病気となります。 原因ですが、表皮細胞の異常な増殖。ここに免疫の異常が加わって炎症になり発症すると言われています ターンオーバーの周期が極端に短くなっているため、角質が積み重なってボロボロと剥けていくのです。 治療にはステロイドが基本となりますが、数年から数十年に及ぶことがあります。一度罹患すると、一生付き合っていくことにもなります。

帯状疱疹

帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる病気です。 帯状疱疹は痛みから気付くことが多い病気です。皮膚がチクチク、ズキズキして、水膨れのような症状が現れます。 免疫低下のときなどにかかりやすいです。 治療には抗ウイルス薬が必要となります。数週間程度で治ることがほとんどです。

マラセチア毛包炎のメニュー