ニキビと紛らわしいマラセチア毛包炎の原因、治療方法について

マラセチア毛包炎以外で真菌が原因の病気たち

真菌と聞くと何を想像するでしょうか? カビはもちろんこと、他にはキノコ類を思い浮かべるでしょうか? パンに使われるイースト菌もそうですね。 発酵食品によく使用されてきている真菌でもあります。 日本酒を造るときの麹菌なども有名です。 人の生活にとって切っても切り離せないものです。 食べ物以外にも、抗生物質のペニシリンはアオカビから見つかりました。 こう聞くと、真菌はとてもよい菌と思われるかもしれませんが、人にとって有害なものも多くあります。 マラセチア菌も常駐菌でありながら、増殖してしまうとマラセチア毛包炎の引き金となってしまいます。 ここではマラセチア毛包炎以外の病気を解説していきたいと思います。その他の皮膚病も合わせてお読みください。

水虫(足白癬・爪白癬)

水虫の正式名称は足白癬と言い、白癬菌が原因となります。 皮膚の角質層に浸食し、炎症やかゆみを引き起こします。 水虫の多くは足に発生して、中でも指の付け根などは発症しやすい場所です。 症状は、ジュクジュクしたりカサカサしたりして、強力なかゆみも伴います。 マラセチア毛包炎と違い、人に移る病気でもあります。 「水虫は一生治らない」と昔は言われていましたが、今は抗真菌薬の使用で治すことができます。 通常の水虫でしたら市販薬でも治療が可能です。 白癬菌が爪に侵入すると爪水虫となり、こちらの治療は皮膚科でないと治すことができません。 水虫というと男性のイメージが強いですが、最近ではブーツの影響もあり、女性の方が疾患者が多いとも言われています。

たむし(体部白癬)

たむしと言うと「いんきんたむし」と連想する方が多いかもしれません。 実はたむしは「体部白癬」、性器周辺に現れるのが「股部白癬」といわれます。 そして、頭皮に現れるのが、しらくもで「頭部白癬」。 原因菌となるのは水虫と同じく、白癬なのです。 治療は抗真菌薬が第一の選択となります。 白癬の予防は、清潔にすることがとても大事です。

カンジタ

カンジダ属の真菌による感染症です。 カンジダは口の中、消化管、腟に常駐している菌です。 カンジタが異常増殖したときに、症状が出てきます。 白、または赤い色をした赤むけの状態となり、かゆみもあります。 原因は、他の真菌と同じく、高温多湿や不衛生のときになりやすいです。 免疫機能を低下させる病気にかかっているときも、カンジタが繁殖しやすくなり発症しがちです。

マラセチア毛包炎のメニュー