ニキビと紛らわしいマラセチア毛包炎の原因、治療方法について

脂漏性皮膚炎の予防・原因・治療方法

皮脂は皮膚内部から分泌されます。 皮脂の役目は肌表面の乾燥を防ぎ、外部から異物の侵入をさせない働きをします。

肌にとって皮脂はなくてはならない成分なのですが、皮脂が大量に分泌されるとトラブルが発生しやすくなります。 その異常分泌された皮脂により、それをエサにする真菌が増え、炎症を起こします。 これが脂漏性皮膚炎という病気です。別名、は脂漏性湿疹とも呼ばれています。

顔や頭皮などに出やすいと病気ですが、顔と頭皮に出るマラセチア毛包炎も 一緒にご覧になることでより知識が深まると思います。

脂漏性皮膚炎が起こる原因

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂によって起こる皮膚炎で、 皮脂分泌が多く発生する、顔や頭皮を中心に発生します。 最近ではマラセチア菌が関与していることが分かってきました。

マラセチア毛包炎との違いは?と疑問に思う方がいるかもしれませんが、 脂漏性皮膚炎は赤いポツポツがバラバラと出るようなことがあまりありません。 脂漏性皮膚炎もマラセチア毛包炎もマラセチア菌によって引きこされる点では違いはないとも言えます。

脂漏性皮膚炎の症状

顔や頭皮、耳の後ろ側、ワキや腕や太股の付け根など汗や皮脂が多い場所に症状が出てきます。 毎日シャンプーをしているのに頭皮が脂っこい、フケが多く出たりするようになります。 顔の場合は鼻の周辺などが赤くなったり、皮膚がボロボロ剥けるようになります。

炎症を起こしているので、かゆみも伴います。他の部位も同じことが言えます。 炎症やかゆみが発生せず、フケだけ出る症状は「フケ症」と診断されます。 脂漏性皮膚炎とフケ症に明確な違いはありません。

脂漏性皮膚炎の治療方法

症状が軽い状態だと、洗顔やシャンプーをしっかり行うことでも改善することが多いです。 なかなか症状が改善しないときは皮膚科の受診するべきでしょう。

脂漏性皮膚炎の治療ですが、外用抗真菌薬が主として処方されます。 炎症やかゆみが取れない症状にはステロイド、内服薬で抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬が処方されることもあります。 フケが多い場合はフケ止め用のシャンプーの使用も効果的です。

脂漏性皮膚炎の予防

脂漏性皮膚炎の予防は皮脂を大量に分泌させないことです。頭皮だとシャンプーでしっかりと洗うクセを付けましょう。 毛穴の内部までキレイに洗うことが予防に繋がります。顔も洗顔液を泡立てソフトに時間をかけて洗いましょう。 脂漏性皮膚炎になりやすい鼻の回り、おでこ、あごは重点的に洗いましょう。 日々の就寝で使う枕も頻繁にカバーを変えるなどして、清潔にすることが大切です。

マラセチア毛包炎のメニュー